菊祭り・・紅葉もきれい

市の公園で菊祭りが開催されているので母と出かけました。

今日も太陽ポカポカ!気持ち良い天気です。

楽寿園
JR三島駅のすぐ南に位置し、うっそうとした森に囲まれた広さ約72,768㎡の自然豊かな公園です。
ここは、明治維新で活躍された小松宮彰仁親王が明治23年に別邸として造営されたもので、昭和27年から市立公園として三島市が管理運営しています。
近年湧水は減少傾向にありますが、小浜池やせりの瀬など天然池泉に富士山の雪解け水が湧き出す景観には、素晴らしいものがあり、この湧水と周囲の自然林からなる庭園に対して昭和29年に国の天然記念物及び名勝に指定されました。
園内には、約1万4千年前の富士山の噴火の際流れ出た溶岩(三島溶岩流)の上に実生した樹木のほか、小松宮彰仁親王の別邸造営時に植えられた樹木と合わせ160種以上の樹木が生育し、30種以上の野鳥を観察することが出来ます。
どうぶつ広場、のりもの広場、郷土資料館、県、市指定の「楽寿館」、お休み処の「桜」「紅葉」などがあります。 (パンフレットより)

紅葉と菊が迎えてくれます。
画像

画像



まず紅葉の森を抜け「楽寿館」に向かいます。
画像

画像


一般公開を見る為です。

楽寿館は明治23年、小松宮彰仁親王の別邸として建てられ(京間風の高床式数寄屋造り)館内には、帝室技芸員(現在の人間国宝にあたる)を始め、明治時代を代表する日本画家たちによる210面におよぶ襖絵・杉板戸絵・天井画等が施されており、これらは県指定の文化財となっています。
画像

もちろん写真撮影禁止です。
(ホームページから)

楽寿館の説明を聞き、母には耳そばで説明です。

その後、小浜池を回ります。
池からの「楽寿館」です。
雪も降らないこの街に雪つりが見れるのも観光の為でしょう。
残念ながら、昨年は満々とあった水もありません。
富士山の裾野に沢山の工場が建ち、地下水をくみ上げる為枯れ池となってしまいました。
ところが数年ごとに満水になるんです!!
昨年がそうだったんです。
画像



菊祭り会場へと

画像

画像

画像



今年のテーマは「国宝・久能山東照宮」

画像

画像

画像



今日も天候に恵まれ、母も満足してくれたようです。


                  by    まきちゃん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 44

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい