鶴岡八幡宮の冬牡丹

大船に用が有り、出かける事になりました。
それだけで帰るのはもったいないので鶴岡八幡宮の冬牡丹が見ごろとの事ですので、
鎌倉まで足を延ばしました。
鎌倉駅から八幡宮までの小町通りは、平日と言うのに相変わらず人の波です。
画像

牡丹の花を見る前に、鶴岡八幡宮にお参りします。
画像

境内をリスが走っています。可愛いのでパチリ・・・。
画像

鶴岡八幡宮の源氏池の池畔にある回遊式和風庭園の中に、咲いています。
画像

画像


「冬牡丹」と「寒牡丹」の違い。
冬に咲く牡丹を「冬牡丹」や「寒牡丹」と呼んでいますが「冬牡丹」と「寒牡丹」は全く別の品種です。
「冬牡丹」と言うのは実はほっておいたら春に咲く花だそうです。
それを冬でも鑑賞できるように温室で花を咲かせたものを鉢ごと土に埋めているそうです。
花自身は春が来たと思い蕾を開き葉を伸ばすので、華やかな花と一緒に緑色の葉がついているのが
特徴です。一方「寒牡丹」は二季咲きの品種で春に咲いた後、初冬に又、蕾を付けます。牡丹は落葉樹
なので寒い冬には葉はほとんど出ません。花首に花が付いているだけです。と言う訳で「冬牡丹」と
「寒牡丹」は緑色の葉が有るかどうかで見分けられるそうです。

八幡宮の神苑の「冬牡丹」は約25種、120鉢あるそうです。
春には100種、1000株もの牡丹を楽しむ事ができるそうです。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


この日は関東地方の最高気温が19℃まで上がりました。
コートを脱いでも陽射しが強く、少し汗ばむほどの陽気の中、時間を気にする事も無くゆっくりできました。
一人での散策も良いものですね。
残念だったのは、大好きな鏑木清方美術館が休館だった事ですね

大船駅ルミネの中、アフターヌーンティー・ティールームで。
画像


ここでもゆっくりと。
たまには一人も良いものですね。

                         by   まきちゃん