帰郷・・4

日本の滝百選
関之尾の滝に向かいます。

関之尾の滝は霧島ジオパークのジオサイトであり、幅40m、高さ18mに及ぶ大滝・木々の間から
流れ落ちる男滝・女滝の3つの滝からなります。
画像

吊り橋からは、轟音をたてて流れ落ちる滝をまじかで見ることが出来ます。
吊り橋まで下りてみました。母も下りたかったようですが階段も急で足場も悪かったので
母には見晴台で待っていてもらいました。
画像画像













男滝と女滝は明治時代に岩を掘って作られた人工の滝です。女滝は北前用水路の取水口、男滝は
余水吐きで、切っても切れない一対の滝です。昔から縁結びの願いが叶うと言われています。
(これから先の写真はお借りしています)

              男滝                             女滝
画像画像













関之尾甌穴群
34万年前の加久藤火砕流で出来た溶結凝灰岩層に、霧島山地から流れ出た清流が流れ込み
長い年月をかけて水力で小さな石や岩石の破片が回転することによって形成されました。最大幅
80m、長さは600mの規模は世界一と言われています。
画像


この日は、このまま帰っても充分明るい内に帰れる時間だったのですが、リンリンが「どこかに泊まりたい」
と言うので4人で近くのホテルに泊まることにしました。リンリンにも母にも良い想い出になると思います。

次の日、ゆっくりと朝食を取り、出発です。
帰りは母の実家のある母の育った町や、私の出た短大のある町を、懐かしく通りながらの帰宅です

この日の残念だった事、一つ・・・。
ランチに宮崎牛の店「ミヤチク」での食事を楽しみにしていたのですが、予約してなかったので
入れませんでした。A5ランクの宮崎牛は食べられませんでした
駐車場には他府県ナンバーの車もたくさん止まっていました。宮崎牛の人気は嬉しい。

この日が最後の夜になりましたので、甥が家族で会いに来てくれました

母との5日間は、終わってしまいました。
まだまだ元気でいてくれることを確信して、帰路に着きます
母と一緒に居てくれる妹夫婦に感謝してもしきれません。

故郷の空は青く嬉しい時間でした。
帰ってくると住めば都のこの地も嬉しい。
今日の富士山。
画像


                               by まきちゃん