京都Ⅳ

こんな日は太陽が有り難い。
京都に来てから寒い日が続き、もう1枚持ってくればよかった後悔。
ポカポカ太陽の下、川岸を散策していると十石舟の出発時間がきました。

十石舟
十石舟は江戸時代に伏見からの酒や米などの搬出および旅客を大阪と行き来させる為、宇治川派流と宇治川、淀川の間を航行する輸送船として始まり明治時代末期まで存続しました。
画像


桜は終わっていましたが想像して。
画像


幕末歴史の舞台の一つ「寺田屋」へ。
船宿として開業。
当時は「寺田屋浜」と呼ばれる船着き場が目の前にあり大勢の人々が行き交う場所でした。
竜馬とおりょうさんもここから薩摩への新婚旅行へ旅立ったそうです。
画像


寺田屋事件とは実は2件あったのですね。
薩摩藩の尊皇派による事件(文久2年1862年)
伏見奉行所による襲撃(慶応2年1866年)
どちらも薩摩藩の人が関わっていますが竜馬は後の方の事件です。
おりょうさんが気づき高杉新作から贈られたピストルで応戦して逃走したそうです。

ちなみに新撰組で有名なのは池田屋事件で京都3条木屋町にあります。

「寺田屋」さんには現在も宿泊出来るそうです!!


寺田屋さんを後にして竜馬通りを通り近鉄京都線で京都へ向かいます。
一つ手前の東寺で下車。
歩く事5分程で
世界遺産 東寺へ到着。

東寺五重塔
画像


講堂
画像


金堂
画像


京都駅に向かい駅構内の「中村藤吉甘味処」でゆっくりしようと向かう。
香り高い宇治茶のスイーツが頂けます。
いつものことながら行列!!
もちろん並びます。
画像


季節限定 “緑茶のあんみつ”を注文。
つかれも取れる美味しさに

よく食べ、よくしゃべり、よく歩きの3日間も終わりです。

伊勢丹で予約してあったお土産を購入し京都を後にしました。


新幹線を降りるとかずちゃんが迎えに来ていましたが第一声「風邪ひいた?」
声が枯れるほどお喋りしたんですね~

痛みどめ持参の旅でしたが楽しく過ごす事が出来ました。
留守番のかずちゃんにも感謝


        by   まきちゃん


"京都Ⅳ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント