ネパール1人旅(その5)

今日は体調が戻ってきたようだ。

朝食後、タクシーでバクタブルへ向かう


バクタブル

カトマンドゥから東へ12km、別名バドガオン(帰依者の町)とも呼ばれる。
古い家並みがよく保存され、カトマンドゥ盆地にある古都のなかでも、もっとも中世のたたずまいを残している。
3番目に大きな町で、映画「リトル・ブッダ」で王子が過ごした都の場面はここで撮影されたそうです。


ダルバール広場前で入場料を払うと、若い男の子がガイドは要らないか?と英語で話しかけて来たので、

価格交渉して交渉成立(2000→500ルピー)、   18歳の男の学生で、本代にするそうな。



画像

ダルバール広場
広々としていて、左側に旧王宮と沢山の寺院に囲まれていた








画像

国立美術館、王宮の手前に並んでいます。











画像

55窓の王宮
木彫の窓の並びが美しい














画像

ゴールデン・ゲート
宮殿への入り口と成ります
















画像

タレジ・チョークへの入り口
ヒンドゥ教徒以外は中には入れません。














画像

顔や手を清める場所
喪が浮いていますが、以外と綺麗な水で、前後にコブラが守っています。














画像

パシュパティ寺院


















画像

パシュパティ寺院の木彫

















トウマディ広場
  ニャタボラ寺院とバイラヴナート寺院が有ります。


画像

ニャタボラ寺院
5層の屋根を持ち、高さ30m、カトマンドゥ盆地にある寺院の中では最も高い














画像

ニャタボラ寺院の石段両側には、下から順に、伝説上の戦士、像、しし、グリフィン、女神の石像 が守護神として一体づつ置かれ、それぞれ、下のの動物の10倍の力を持つとされています。















画像

バイラヴナート寺院
人だかりですが、やぎの首を切り落とし、捧げていました。
残酷なので遠くから見ています。
















画像

カフェ・ニャタボラ
広場の中央に有り、寺院を改装したレストラン。
値段が割高ですが、この上から寺院を見ていると飽きない。












画像

タチュバル広場へ続く石段のバザール
















画像

ダッタトラヤ寺院















画像

孔雀の窓
ネワール彫刻の最高傑作


















画像

井戸
道端には、このような井戸が沢山あり、井戸の中には、水が少ない為中々くみ上げれないようです。
女性の毎日の日課であり、男性がしているのを見かけませんでした。












画像

路地
迷路のような路地が続き、ひんやりします。
家の中は薄暗く、目を凝らせば中には人がいます。編み物や糸を摘んでいる女性。


















タクシーでホテルへ

次の日は、カトマンドゥ最大規模のスーパーへ(勿論タクシーで)

(個人店ばかりで、スーパーはおろかコンビニも中々見つかりません)


さすがに全ての物が揃って、値札が付いているので買いやすかったです。

レジは、ネパールでは珍しいバーコード式でした。



帰りの飛行機はアブダビでの乗り継ぎ待ち時間が無く快適でした。

2本ほど洋画を見て無事帰りつきました。


画像

アブダビの街です。  何も見えませんが。












後述

*インフラがまだまだで、停電が有ります。
  今は乾季で、水力発電に頼っている為、雨期になれば無く成るとの事

*道路はデコボコで、砂埃が多い為、マスクは必須う

*労働の機会が少ない為、出稼ぎに多くの人が行きます。(インドは同じヒンドゥ語なので特に多い)

*日本人観光客は少ない。西洋人、インド人、中国人、韓国人

*交通手段はタクシーかバスだが、バスの乗り方は極めて難しい

*車はタクシー以外、オートバイが多い。 警笛の音に悩まされる




お付き合い有難うございました。










            byかずちゃん











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 70

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年05月17日 16:39
アユ達はたぶん苦手な旅だと思います。
  次男は、3回ほどリュックを担いでネパール一人旅、もっぱら山岳地帯を歩き回ったようで友達も出来・・いいところだよ~と言っておりました。
2013年05月17日 20:18
こんばんは
体調はいかがでしょうか。

本当に珍しい風景や人達の写真を拝見させて頂いてびっくりしたり・・・びっくりの方が多いです!
様々な生活があるのですね。
歴史もそれぞれの歴史を抱えてるのですね。
日本て清潔で暮らしやすいのですね。
改めて感じています。
飛行機からの写真を見てほっとしました。
2013年05月18日 10:46
こんにちは

体調は落ち着かれましたか?
私も以前は海外によく行ってたので
海外の水には注意していましたが、
氷入りの飲み物…飲んでいました(笑)

ネパールは憧れの大地です、美しく珍しい建物や風景を楽しませて頂きました(*^_^*)ますます憧れは強くなりましたょ♪国の歴史に触れられ、色々考えてしまいましたが、楽しませて頂きありがとうございました

2013年05月18日 14:36
マゼのアユさんへ
私はどちらかとゆうと、人間臭さが残る後進国に興味がわきます。 海外でボケ~とするのが好きなのかもしれません。 リュックを担いでトレッキングがしたかったのですが、一人である事と体力に自信が無くなって来た事で諦めました。

2013年05月18日 14:48
hanasakuさんへ

体調は元に戻りつつ?有りますが、いまだに下痢が続いて内心心配しています。

現地の方とお話しする機会が有りましたが、政治家にかなり不満を持っていましたね。
インフラが遅れているから産業がない、産業が無いから貧乏。魔のサイクルになっているような気がします。
でも少し前の中国でもそうでしたから、近い将来発展するでしょう。
しかし、後進国に行くと日本の良さを痛感しますね。

2013年05月18日 15:09
だるまさんへ

注意はしていたのですが、昔よりは強く成っただろうと、過信していました。女房にさんざん嫌味を言われて意気消沈です。
火を通したものと缶ジュースいがい、サラダや歯を磨くのもミネラルウォーターで洗う面倒でしたね~

乾季のせいと舗装が簡易である事からか、凄く埃っぽいですが、ダルバール等の都の建物は美しいですね。
又人間も人なつっこくていい。全てに価格の交渉が必要ですがこれも文化、恐怖を感じるような悪い人はいないですね。
潔癖症な人には不向きな国ですが、のんびりした大雑把な人にはみています。

2013年05月18日 23:28
体調はいかがですか?
写真をじっくり見せて頂きました。
私は臆病者で 先進国にしか行けません。
発展途上国の水が 怖いです。
2013年05月19日 12:33
かずちゃん!(。◕‿◕。)ノこんにちは~♪

その後 体調は如何ですかぁ~~?
いい旅行をされて・・・珍しいお写真を
見せて頂き('-'*)ありがとうございました♪

早く体調が戻られます様に・・・
2013年05月19日 20:14
ネパールとはなかなかテレビでも
あまり紹介されないところ、こうして
シリーズで全部楽しませて頂きました。
生活の様子はインドのように人間くさい感じが良い
って、私には感じましたが・・・
ありがとう。ネパールの旅楽しませて頂きました。
2013年05月19日 21:04
あさがおさんへ
体調は、本日やっと元に戻りました。胃腸が弱っていたのでしょうね。

先進国も良いですが、発展途上国んは、日本では見られないような人間臭さが感じられますよ。一度是非試されて下さい。
2013年05月19日 21:07
♪のこ♪さんへ
胃腸をさんざん痛め付けたせいか、なかなか治りませんでしたが、今日はようやく元に戻ったようです。

ご心配をお掛けして申し訳ございませんでした。
2013年05月19日 21:23
山ちゃんへ
一昨日だったと思いますが、テレビで「こんなところに日本人?」で偶然紹介されていましたが、確かにエベレストの出発点位でしか、日本人には馴染みが有りませんね。

インド人と同じ人種、同じ様な言語、同じ宗教の人が多いので、生活習慣も非常に似ているようですね。
車なんかもインド製が多いし、インド人がネパールで商売して稼いで要るようです。 逆にネパール人はインドに出稼ぎに行く、労働力を提供しているみたいです。

インドには近代的なビルを見かけますが、ネパールでは首都カトマンドゥですら、ほとんど見ないです、まだまだ大変そうでした。
2013年05月19日 23:03
こんばんわ。
腹痛、快方に向かわれて良かったです♪
生野菜食べただけでも下痢をするんですね~。お辛かったでしょう(涙)

今回はかずちゃんの一人旅。
記事をご覧になり、さぞまきちゃん心配しておられるでしょうね。

数々のお写真を拝見し、異文化を学ばせていただきました。
ありがとうございます。
2013年05月20日 08:49
いつの間に!?今朝おじゃましたらかずちゃんはネパールに!すご~~い!良いな~~旅の様子もよくわかり勉強させていただきました。有難うございました\(^o^)/
2013年05月20日 16:01
一人旅・凄いね。
私には出来そうにもないです。
井戸の水汲みは大変そう。
乾季で停電とは驚きですね。
2013年05月21日 07:25
ハーモニーさんへ
生野菜は洗った水が付いているからでしょうね。
ただ痛みが無かったのが幸いでしたね。

女房に嫌われ、それなら行きあたりばったりの1人旅にしようと決めました。女房からは警察沙汰にだけはならないようにネと言われました(笑)

しかし、日本は良い国ですね、あそこに住むと成ると無理ですね。もう少し若ければ別ですが。

2013年05月21日 07:39
ALOHAさんへ
久しぶりです。 
2か月前位に決めて、「地球の歩き方」をマスター、食べる所まで計画しましたね。
ただ残念なのは、腹痛で食べれなかった事かな。
ほとんど、カフェか日本食の店に行ってました。
ラーメン、ピーマンの味噌炒め、すき焼き風などなど、
西洋人が多く、箸を使って食べているのが何とも不思議な光景でした。ネパール人はインドと同じく指先です。

2013年05月21日 07:45
カメさんへ
水力発電だけで、しかもお金が無いからダムを増やそうにも増やせないとの事でした。
また、多種類の民族が住んでおり、民族間の利害関係が有るようですね。日本では考えられませんが。

2013年05月21日 12:06
奥様のまきちゃんさんには
いつもお世話になってます!
一人旅 さすがにお仕事で 海外渡航が
多いと ガイドさんとの交渉といい
タクシーの値切り方といい
サスガ~と思います。
お腹大変でしたね。
ブログを読みながら 私もお腹は弱いので
ハラハラしどおしでした。
(トイレ事情が海外は困りますよね)
同じ川沿いで 身体を清め
火葬も行う その様子をこのように
アリアリと見られてドキドキいたします。
見応えのあるところを さりげなく
旅行者目線でご紹介いただき
本当に感謝です!!!
2013年05月21日 17:16
asakunさんへ
はじめまして!
パシュパティナートもガイドをつけて見学しましたが、説明を聞かないと何が何だか解らなく、もっとも半分くらいしか理解できませんでしたが(笑)
当日も死者の方がタンカーの様なもので毛布を掛けて運ばれて来ました。2日ほど火葬するそうで、その下流には親族が泊る宿舎?もあり、数日間の間川に供物を流していました。
宗教観の違いからでしょうが、日本人にはみずらいですね。この寺院には、時期になるとインドからも教徒が大量に来れれるようです。


2013年05月22日 23:40
はじめまして、
松原のぶえさんの♪~検索してきました。
ネパールも、だいぶ変わりましたね。
15年前にカトマンズに行きましたが、裏の路地は、
変わってない様です。
2013年05月24日 08:45
537GRAさんへ
15年前ですか、 メイン道路は至る所で、掘り起こしているようですが、路地は昔のままの建物で埋め尽くされており、変わりようが無いですね。